トレース・データのファイル保存

データ出力に関するその他のトピック

CSV形式でのデータ保存

E5071Cのアクティブ・チャンネルにおけるアクティブ・トレースのトレース・データを、CSV形式(拡張子*.csv)のファイルにして保存し、後でパソコンのアプリケーション・ソフトに呼び出して利用することができます。

トレース・データは、以下のようなフォーマットで保存されます。

保存されるトレース・データ例

"# Channel 1"

"# Trace 1"

Frequency,                        Formatted Data,               Formatted Data

+3.00000000000E+005, +1.41837599227E-002, +1.43446459328E-006

+4.27985000000E+007, +1.41275293412E-002, +2.02407834551E-004

+8.52970000000E+007, +1.41334093048E-002, +4.00643331604E-004

+1.27795500000E+008, +1.41240661092E-002, +6.09250514670E-004

+1.70294000000E+008, +1.41402155348E-002, +8.05620003993E-004

1 行目に、ファイルが保存された時点でのアクティブ・チャンネルのチャンネル番号が出力されます。

2 行目に、ファイルが保存された時点でのアクティブ・トレースのトレース番号が出力されます。

3 行目は、4 行目以降に出力されるトレース・データの項目を示すヘッダーです。

4 行目以降に、周波数点分だけのトレース・データが出力されます。

操作手順

以下の手順により、E5071Cのトレース・データを保存します。

  1. Channel Next/Channel Prev または Trace Next/Trace prev を押して、保存するトレースを選択します。

  2. Save/Recall キーを押します。

  3. Save Trace Data を押して、Save Asダイアログ・ボックスを開きます。

  4. ファイルの保存先のフォルダを指定し、ファイル名を入力します。

  5. Save を押してファイルを保存します。

タッチストーン形式でのデータ保存

E5071Cアクティブ・チャンネルにおけるトレース・データを1 〜 4ポート・モデルのタッチストーン形式のファイルに保存することができます。.

タッチストーン・ファイルのデータ形式

保存可能なデータ形式は「ログ振幅 - 角度」、「リニア振幅 - 角度」、「実数部 -虚数部」です。

AUTOを選択すると、アクティブ・チャンネルの表示フォーマットに従ってデータ形式を自動的に設定します。ただし、アクティブ・チャンネルの表示フォーマットがログ振幅フォーマット(LogMag)、リニア振幅フォーマット(LinMag)、実数/虚数フォーマット(Real/Imag)以外に設定されていると、データ形式は「実数部 - 虚数部」に自動的に設定します。

タッチストーン形式で保存されたデータは、PC(パーソナル・コンピュータ)やワーク・ステーション上のAgilent アドバンスド・デザイン・システム(ADS) 等の回路シミュレータで利用することができます。ADSの詳細についてはADSの取扱説明書を参照して下さい。

タッチストーン・ファイルのファイル・タイプ

E5071Cでのタッチストーン・ファイルのファイル・タイプはs1p、s2p、s3p、s4p の4つです。ファイル・タイプは、タッチストーン・ファイルに出力されるデータ構造のポート数を表しています。

タッチストーン・ファイルのデータ構造

タッチストーン・ファイルのデータ構造は、ヘッダ部とデータ部の2つで構成されています。ファイルの内容はテキスト・データですので、テキスト・エディタで読み出すことができます。

ヘッダ部の構造は、*IDN? の返り値、ファイル生成日付、校正の状態、指定ポートの全Sパラメータの一覧、フォーマットの情報で構成されています。

以下に、s1p とs4p の場合のヘッダ部を示します。

s1p の場合のヘッダ部

!Agilent Technologies,E5071B,<ID>,<FW Revision>
!Date <Date>
!Data & Calibration Information
!Freq Sww:Method(Stat)
# Hz S FMT R Z0

s4p の場合のヘッダ部

!Agilent Technologies,E5071B,<ID>,<FW Revision>
!Date <Date>
!Data & Calibration Information
!Freq Sww:Method(Stat) Sxw:Method(Stat) Syw:Method(Stat) Szw:Method(Stat)


Swz:Method(Stat) Sxz:Method(Stat) Syz:Method(Stat) Szz:Method(Stat)
# Hz S FMT R Z0

 

記述内の項目については、以下の意味を持っています。

パラメータ

機能

Sww〜Szz

選択されたテスト・ポートによるSパラメータ1 〜 wはテスト・ポートの若い番号から順に対応しています。

Stat

 

Sパラメータの校正実行の状態 (ON または OFF)

ON = 校正を実行します。
OFF =校正は実行されません。

FMT

データ形式

RI = 実数部 - 虚数部
MA = リニア振幅 - 角度(° )
DB = ログ振幅(dB) - 角度(° )

Z0

基準インピーダンス値

 

データ部の構造は、選択したファイル・タイプと指定したポートの組み合わせによって決定されます。

タッチストーン形式で保存されたファイルのデータ構造を下記に示します。

1 ポート・タッチストーン・ファイルのデータ部

 

 2ポート・タッチストーン・ファイル

 

 3ポート・タッチストーン・ファイル

 

 4ポート・タッチストーン・ファイル

タッチストーン形式での保存上の制限について

タッチストーン形式で測定データを保存するとき、以下の制限があります。

保存方法

以下の手順により、トレース・データをタッチストーン形式で保存します。

  1. Channel Next/Channel Prev およびTrace Next/Trace prev を押して、保存するトレースを選択します。

  2. Save/Recall キーを押します。

  3. SnP > SnP Format を押します。

  4. 保存したいデータ形式に対応したソフトキーを押します。
     

    ソフトキー

    機能

    Auto

    アクティブ・トレースの表示フォーマットに従ってデータ形式を自動的に設定します。ただし、アクティブ・トレースの表示フォーマットがログ振幅フォーマット(LogMag)、リニア振幅フォーマット(LinMag)、実数/虚数フォーマット(Real/Imag)以外に設定されていると、データ形式は「実数部 - 虚数部」に自動的に設定します。

    LogMag/Angle

    「ログ振幅- 角度」のデータ形式を選択します。

    LinMag/Angle

    「リニア振幅 - 角度」のデータ形式を選択します。

    Real/Imaginary

    「実数部 - 虚数部」のデータ形式を選択します。

  1. 保存したいファイル・タイプに応じて、s1ps2ps3ps4p のいずれかのソフトキーを押します。

  2. 保存したいポートの組み合わせに対応したソフトキーを押します。例えば、手順5でs3p を押したときに表示されるソフトキーは1-2-31-2-41-3-42-3-4 となりますので、ポート1、ポート2、及びポート4の測定を行ったチャンネルのデータを保存したいときは、1-2-4 を押します。

  1. Save As ダイアログ・ボックスが開きます。ここでの操作は、外部キーボードおよびマウスを使用してください。

  2. ファイルの保存先のフォルダを指定し、ファイル名を入力した後、Save を押してファイルを保存します。

  3. 掃引中のデータを保存すると、掃引途中のデータがタッチストーン・ファイルに保存されます。すなわち、まだ掃引されていない部分のデータに以前の掃引データが保存されたり、以前に掃引されていない場合は0のデータが保存される可能性があります。このことから、タッチストーン・ファイルへの保存を実行するときは、アクティブ・チャンネルをホールド状態にしておくことを推奨します。